ワキガ 臭い

脇汗による臭い

人が気にする体臭には、汗による臭いもあります。

 

そんなに暑くなくても、いつも汗をかいている「多汗症」の人はいつも臭そうな
印象ですが、実はそうでもありません。

 

顔や手のひらなど、体の多くの汗は、99%が水分、残りの1%に塩分、尿素、
アンモニアが含まれており、ほとんど無臭なのです。
アンモニアは、汗の中では水溶液の状態になっていますが、沸点が-33℃と
低いため、体外に出た瞬間に気化して霧散します。

 

この汗はエクリン汗腺と呼ばれる汗腺から分泌されるもので、無色透明で
サラサラしていますが、この汗も角質や垢などとともに皮膚の常在菌が働く
ことで臭いが生じます。
しかし、蒸れた靴の中などの極端な環境下でないかぎり、強烈な臭いには
なりません。

 

人が嫌がる体臭の原因となる汗は、「アポクリン汗腺」と言われる汗腺から
分泌される汗で、白っぽく粘りがあります。
このアポクリン汗腺は、体の中でも、脇の下、陰部、肛門、乳輪、耳の中
だけに存在します。

 

どこも「それなりのニオイ」を発しそうな雰囲気の部位ですね?

 

ワキガ

 

アポクリン汗腺からの汗には、水分のほかにタンパク質、脂質、
アンモニア、鉄分など、エクリン汗腺からの汗には含まれない
成分が含まれています。

 

動物性のタンパク質や脂質が含まれている分だけ、常在菌が作用
した時の臭いも独特になるのです。

 

脇汗は、衣服に付着すると黄色い汗染みとなり、落ちなくなります。
これが汗をかいた後、時間が経つと独特の臭いがします。

 

この臭いが強い人を「腋臭」と言いますが、日ごろから当たり前に
感じている本人は気づきにくいものです。

 

そんな脇汗の臭いにもサッとひと塗「アクアデオ」はお助けアイテムです。

 

 

ワキガ

 

 

人は内緒で“ポチっ”

 

 

 

トップページへ

リンク集