シャンプー 選び方 洗い方

効果的なシャンプー

皆さんが毎日行う洗髪は、毛髪や頭皮の汚れを洗い流して、清潔を保つのが目的ですが、
何かを間違えるとフケや肌荒れ、臭い、抜け毛の原因となり、逆効果です。
せっかくの洗髪でひどい目に遭わないように、効果的な使い方をご紹介します。
また、誤ったシャンプーが、肌トラブルの原因とならない様、注意が必要です。

 

 

選び方編

 

シャンプーは本当にたくさんの種類があって、どれを選んでよいのか分かりません。
テレビのCMでPRするのは、「ハリ」「潤い」「艶」と、どれも同じような内容ばかりです。
さらに、同じ名前のシャンプーやコンディショナーでも、髪質や状態に合わせて、いくつかの
種類があります。

 

昔は「フケ・痒みを防ぐ」目的で、鉛由来の成分まで入っているものがありましたが、
今も商品名は変わることなく、成分を大幅に変えて販売されています。

 

そこで、シャンプー選びのポイントを押さえてみました。

 

 

素材

 

硫酸系

 

 強すぎる洗浄力と頭皮への強い刺激で、髪と頭皮の両方にダメージを与えます。
 成分表に「○○硫酸〜」と表記されていれば、該当します。
 また、「スルホン酸Na」と記載された成分も同様です。
 ドラッグストアやホームセンター、コンビニなどで安価に市販されている商品のほとんど
 がこれに該当します。

 

 

石鹸系

 

 天然成分の石鹸系でも、アルカリ性であるため、キューティクルを強制的に開いて
 ダメージを与えます。
 完全にすすがなければ、成分が髪に残ってゴワゴワになります。

 

 

アミノ酸系

 

 天然由来成分で、肌質と同じ弱酸性を示すため、刺激が少なく、髪にも地肌にも
 優しいシャンプーです。
 洗浄力はやや劣りますが、洗い過ぎることがなく、高い保湿力も併せ持っています。

 

 

肌断面

 

キュアラフィの成分は・・・

 

プロリン・グリシン・セリン・アルギニン・グルタミン酸・海藻エキス・カチオン化セルロース・アラニン
リジン・トレオニン

 

ローマカミツレ・アルニカ・オドリコソウ・オランダカラシ・ゴボウ・セイヨウキズタ・ニンニク・マツ
ローズマリー 

 

この様に、「キュアラフィ」はアミノ酸系シャンプーであると同時に、地肌をいたわる、ボタニカルな
シャンプーですから、安心して使うことができます。


 

 

洗い方編

 

いくら自分に合ったシャンプーを使っても、正しい使い方をしなければ、効果を十分に
発揮することはできません。
髪や地肌をいたわるための洗い方について、ご案内します。

 

 

ブラッシング

 

シャンプーの前には必ず「ブラッシング」をしましょう。

 

・絡まった髪の毛を梳かして指通りを良くし、切れ毛を防ぐ
・フケや埃、古い角質などの汚れを浮き出して、落としやすくする
・頭皮をマッサージする

 

効果があります。

 

 

プレシャンプー

 

シャンプーを付ける前に、水で30秒ほど流しましょう。
このプレシャンプーで70%の埃は洗い流されます。
ムースやスプレーなどのスタイリング剤が付いている場合は、ここで少量のシャンプーで
予洗いします。

 

プレシャンプーによって、泡立ちが良くなり、シャンプーの使用量が減るため、肌への
刺激も少なくなります。

 

 

コンディショナー

 

昔は、「シャンプー・リンス・トリートメント」と言っていました。
順番も同じ順番でした。
ところが今は、「コンディショナー⇒シャンプー」が髪にダメージを与えない順番です。

 

先にコンディショナーを付けてすすぐことで、指どおりを滑らかにし、髪の毛同士の
摩擦も軽減されるため、髪の毛を痛めにくいのです。

 

 

シャンプー

 

・適量のシャンプーを手に取って、良く泡立ててから髪に馴染ませます。
・頭皮を指の腹でマッサージするようにゆっくり洗います。
・指で小さな渦を作りながら、おでこや耳の上、襟足からつむじへ向けて、「下から上」へ洗います。
 ※毛髪は、毛穴から下を向いて生えています。
・コンディショナーは頭髪の表面だけに薄く着けます。
 毛根に近い部分までつける必要はありません。

 

 

すすぎ

 

一連の作業の中で、すすぎはとても重要です。
すすぎが足りないと、シャンプーやコンディショナーの成分が頭皮に残り、毛穴を塞いだり、
フケや肌荒れの原因になります。
シャワーで3分、洗面器なら20回以上流してください。

 

 

乾燥

 

乾燥は、必ずドライヤーを使って、短時間でブローしてください。
夏場でも自然乾燥は厳禁です。
ドライヤーを近付けすぎない様、適当な距離をおきます。
温風で乾燥させた後は、しばらく冷風を当てて冷まします。

 

 

 

 

トップページへ

リンク集