頭の臭い 季節 いつ

頭皮が臭う季節

「頭が臭い」というと、やはり「夏」のイメージですが、比較的安心だと思っている
「冬」や「春」にも臭う人がいます。
実際にYAHOO!知恵袋や、教えてgooを見ていても、「冬に臭う」という方がかなり
いらっしゃいます。

 

しかし、下に挙げる理由で、実は1年中「臭う要素」がありました。
逆に言えば、頭の臭いで悩んだときは、いつでもキュアラフィの効果を感じることができるということです。

 

 

春に臭う理由

 

冬から気温が上がり、しかも短時間での変化が大きいため、毛穴が開いて汗や皮脂を分泌したり、毛穴が閉まって、
洗浄されないままのそれらを抱え込んだりします。
さらに、花粉や黄砂などのアレルゲンで頭皮が痛むことも、臭いの原因となります。
春の汗は、体が慣れていないため夏の汗に比べて若干濃く、細菌が好みやすい質になっています。

 

また、髪の毛で通気性が悪くなり、頭皮ニキビなどのトラブルとなりやすく、臭いもこもりやすい環境です。

 

 

夏に臭う理由

 

暑さによる体力や免疫力の低下、ストレスで頭皮や毛穴にトラブルを抱えることが多くなります。
また、汗や皮脂による、常在菌のアンバランスも臭いの原因となります。

 

朝のシャンプーも、皮脂膜形成に十分な時間を取らないうちに外出して紫外線を浴びるため、頭皮を刺激します。

 

高温で毛穴が開き、そこに汗や皮脂、フケ、整髪料が残ったものが酸化して臭いの原因になる場合もあります。

 

 

秋に臭う理由

 

秋は空気の乾燥が始まる季節です。
人によっては、夏は大丈夫なのが、秋になるとファンヒーターやたばこの臭いがそのまま残った感じがするという人が増えてきます。
髪の毛も、肌と同様に水分を失って、キューティクルが剥げ、ツルツルからガサガサになります。

 

表面がツルツルしたものよりも、ガサガサ、デコボコしたものに臭いの粒子が付着しやすいのは当然です。

 

秋は、地肌はもちろん、髪の毛の保湿にも気を付ける必要があります。

 

 

冬に臭う理由

 

一つは顔や体の皮膚と同じ、空気の乾燥から乾燥肌によって、脂性肌に移行してしまった場合、そして洗浄が不十分な場合や、
すすぎ残しが原因の場合もあるでしょう。

 

汗をかかなくなって、毛穴に汚れや皮脂が溜まりやすくなったという事実もあります。
また、寒さを避けるため、ニットや毛の防止を被ることも、中で蒸れて、臭いの原因となっています。

 

いずれにしても、手当を始めてから、頭皮の状態が正常に戻るまでは3ヶ月かかります。
明るい春を迎えるためにも、夏にこれ以上臭わないためにも、今のうちからキュアラフィで確かな対策をしましょう!

 

 

 

▼あなたが臭う季節にこちら!のキュアラフィ▼

 

キュアラフィ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ

リンク集