頭 臭い 種類

慢性化する前の予防法

気になる頭の臭いには、頭皮の皮脂分泌過多体質になる前に予防できるものがあります。
「チョッと臭うな?」と思ったら、チョッと意識したケアで、慢性化を防ぎましょう。
3ヶ月もかからずに、臭いは解消します。

 

 

汗をかいた後

 

春から秋にかけては、高温多湿の気候となる中、全身に汗をかきます。
当然頭髪も汗でビッショリですが、いつでも、どこでもシャンプーはできません。
そのまま時間の経過とともに、皮脂の臭いと相まって、その嫌な臭いレベルは、
「アメリカザリガニの6倍」と言われています。

 

やはり、1日1回シャンプーをして、清潔を保つことが大切です。

 

 

乾燥

 

どんなに暑い日でも、シャンプーをした後にはきちんとブローしましょう。
自然乾燥では、乾燥までの時間が長く、生乾きの状態が続きます。
その状態では、洗い流された常在菌が増える際に、バランスが崩れやすく、
悪玉菌優勢の状態になりやすくなります。
あいにくそうなってしまった時、納豆のような臭いを発します。

 

 

食生活と環境

 

人によって、生ごみの様であったり、ブルーチーズの様であったり、古本
様であったり、酷い人は本当にトイレの臭いであったり・・・
これは、腸内環境の悪化や頭皮の血行不良による、老廃物の蓄積が
主な原因です。

 

食生活や睡眠環境を整えて、健康な生活を心がけてください。

 

 

生活環境によるもの

 

ストレスや食生活、喫煙、飲酒など、抜け毛や頭皮の臭いを予防するために
改善するべき生活習慣や環境はたくさんありますが、どれも難易度が高い
物ばかりですね?

 

しかし、簡単に変えられるものがあります。
それは「枕カバー」

 

いつも頭皮や顔の皮脂を受け止め、汚れにさらされている枕カバーは、いつも
きれいに洗濯したものを使用することで、頭皮の臭いだけではなく、ニキビの
予防対策としても推奨されています。

 

 

 

 

トップページへ

リンク集