ペルソナ 育毛剤 遺伝子検査

おすすめの育毛剤

Persona(ペルソナ)

 

ペルソナトップ

 

今、テレビコマーシャルやネット上ではたくさんの発毛剤や育毛剤、養毛剤と言われるものの
情報があふれています。
なぜでしょうか?それは、「必要としている人がいるから」です。
そして、このサイトにたどり着いた貴方も、間違いなくその1人ではありませんか?

 

実際に日本の男性の5人に1人は薄毛に悩んでいるというデータがあります。
確かに若いころには育毛剤や発毛剤のCMを見ても気になりませんでした。
しかし、今は・・・自らこのようなキーワードを使って検索している自分がいます。
しかも、誰もがより確率が高い商品を見つけたいと思うのは当然です。

 

「育毛剤」、「発毛剤」、「薄毛」、「抜け毛」などのキーワードをたどってここへ来た貴方、
「遺伝子」または「遺伝子検査」というキーワードは一緒に検索しましたか?
この「遺伝子」というキーワードを検索しないでこのサイトへ来た貴方はラッキーです。
検索して来た方は、唯一つの貴方だけの育毛剤をご存知だと思われる方です。

 

今も女性用の通販コスメで、申し込むと「遺伝子検査キット」を送ってくるものがあります。
商品を購入した人は、そのキットで自分の口の中の粘膜を採取し、メーカーに送ります。
メーカーはその遺伝子を分析して、お客様に最適な化粧品が出来上がります。
この化粧品で、今まで使用していた化粧品が突然のアレルギーで使えなくなったという人も
助かっています。

 

薄毛対策も、最大公約数の商品より、皆さん一人一人に合わせた商品の方が早く、確実に
効果を見いだせる気がします。
そんな中、まず遺伝子検査から始める育毛剤ができました。

 

薄毛は生活習慣、食生活の乱れのほかには、ストレスや男性ホルモンの作用によるところが多く、
男性ホルモンは遺伝的影響を受けます。一般的には「母の祖父が薄毛」の場合、その遺伝子を
受け継ぐ傾向が多くあります。
また、ストレスへの耐性も「セロトニントランスポーター」という遺伝子が関わっています。

 

 

Persona(ペルソナ)

貴方のための育毛剤「ペルソナ」

 発毛剤によって生えてきた毛髪を、いかに無駄なく効果的に育てるかという点に注目し、
 「個別に対応する」育毛剤が「ペルソナ」です。
 薄毛の原因は、頭皮の質なども含めて「遺伝」によるところが大きいため、逆に「生やす」
 ための方法も「遺伝」を考慮すれば、個別の対応によって早い効果が期待できるのは
 当然です。

 

 そのため、「ペルソナ」は、申し込むとまず、「遺伝子検査キット」が届きます。
 口の中の粘膜を採取して、返送するだけで、2〜3週間で遺伝子検査のレポートと一緒に
 貴方のための「ペルソナ」が届きます。

 

 

●遺伝子検査のメリット

 

 ペルソナが商品を作る前に行う遺伝子検査には、次のメリットがあります。

 

 ・薄毛の原因を特定できる
 ・有効な対策を打てるほか、アレルギーなどの危険を回避できる
 ・将来のリスクが分かる

 

 

●遺伝子検査で分かること

 

遺伝子検査

 

 ペルソナの遺伝子検査では、毛髪に関する次の項目が分かり、それに合わせた貴方だけの
 育毛剤が作られます。
 また、遺伝子情報は一生変わることはありません。

 

 ・ヘアサイクル
 ・毛髪の太さ
 ・頭皮の強さ
 ・男性ホルモンからの影響の受けやすさ

 

 どれも薄毛対策に重要な項目ばかりです。

 

 

●ペルソナの有効成分

 

ペルソナの有効成分

 

 ペルソナは貴方の薄毛の原因に合わせた、14〜28種類の天然由来成分がが配合されます。
 たとえ天然由来成分であっても、体に影響を与える以上、良い影響もあれば悪い影響もあり
 ますが、遺伝子検査の結果、貴方に悪い影響を与える恐れがある成分は配合されません。

 

 

●ペルソナの形態

 

ペルソナのボトル

 

 ペルソナが貴方の遺伝子に合わせるのは、成分だけではありません。
 頭皮表面の状態によって、浸透しやすい形態が違います。
 ペルソナは遺伝子分析の結果によって「リキッド」「ミスト」「ジェル」の中から最も効果
 が高い形態で届きます。
 内容量は100mLとなっています。

 

●無添加

 

ペルソナは無添加

 

 ペルソナは、地肌に悪い影響を与えるパラベンやシリコン、シリコン界面活性剤など、
 7種類の添加物を含んでいません。
 安全面でも安心してご使用になれます。

 

 

●ペルソナの価格

 

遺伝子検査は高額
ペルソナ価格

 

 ペルソナは申し込み内容によって価格に違いがあります。
 まず、1回だけ試したい方は、商品代金+遺伝子検査費用に送料が加算されますが、
 これでは長く続けることはできません。
 遺伝子検査の結果を別な何かに活用できるくらいでしょう。

 

 しかし、今まで育毛活動してきた方にはお分かりの通り、「実感」するためには
 相応の時間が必要です。
 高いお金をかけてペルソナを購入しても、効果が実感できないまま止める事はもったいない
 事です。
 そこで、おすすめは「6回継続 定期コース」です。
 遺伝子検査費用も含まれる上に、毎回の送料も無料になります。

 

 

 

 

公式サイトへ

抜け毛の原因

多くの人が悩む「抜け毛」ですが、放置しておいても自然に止まることはありません。
さらに続くと、目立って薄くなってきます。
それを防ぐためには原因を知らなければ対策ができません。
対策するべき原因とは何でしょうか?

 

まず、毛髪は皮膚と同様「臓器」であるということです。
中でも取り分けてストレスに弱く、しかし、再生力に優れるという特性を持っています。
ということは、まずストレスを軽減すれば抜け毛は防げそうですね?

 

生活環境や習慣から受けるストレス

 

日ごろのストレスの多くは、その生活環境から受けているものが圧倒的に多いのが
現状です。
どんなものがあるのでしょうか?

 

仕事

 

誰もが「ストレス」という言葉に対して、真っ先に思い浮かぶ事柄だと思います。
新人には新人の、ベテランにはベテランの、仕事の進捗について、人間関係について
通勤ラッシュなど、最大のストレスの産地となっています。
現代社会ではこれから完全に逃れることは無理なので、少しでも軽減するべく
発散する方法を考えてみましょう。

 

 

睡眠

 

ストレスを受けて眠れないという方もいると思いますが、スマホやパソコンでストレスを
発散するのに時間を取られて、睡眠不足の方もいます。
いずれにしても、良質の睡眠をとる必要があります。

 

 

食事

 

現在の日本において、普通に食事をしていれば毛髪に悪い影響を与えることは
まず無いと思われます。
しかし、無理なダイエットをすれば、急激な体重の減少を生じ、体調の異常と
ともに抜け毛が増加します。

 

 

喫煙

 

昔は「煙草は心の日曜」などと、言い訳っぽいキャッチフレーズもありました。
ストレスが溜まった時に喫煙すると、リラックスできるという人がたくさんいました。
しかし、喫煙はニコチンやタールと共に微量の一酸化炭素も吸引され、
毛細血管の硬化を招きますので、十分な血流が確保できず、抜け毛を
助長します。

 

 

体に起因するもの

 

自分の意思ではどうにもならない抜け毛の原因があります。
体の仕組みや疾患が原因となる抜け毛です。

 

 

性ホルモン

 

薄毛や抜け毛と言えば、「男性」のイメージがあります。
実際に市販の育毛剤や養毛剤と呼ばれるものは、そのほとんどが男性用として
販売されています。
抜け毛は男性ホルモンの作用によるところが大きいため、男性に多く見られます
が、女性にも男性ホルモンはありますので、程度は軽いですが女性も薄毛に
なります。

 

 

疾患

 

抗がん剤治療を受けている患者さんは、多くの方が脱毛症状を経験されています。
これは、薬の副作用によるものですが、治療が終了してしばらくすると、驚異的な
再生能力で、毛髪は目に見えて再生します。

 

その他、甲状腺機能の異常や鉄欠乏性本の貧血、膠原病などの自己免疫疾患、
脂漏性皮膚炎などの皮膚炎でも抜け毛が増えます。

 

 

外的要因

 

ストレスや体など、自分の内的要因だけでなく、外的要因でも抜け毛が増える
ことがあります。

 

 

すすぎ不足

 

シャンプーやコンディショナー、トリートメントのすすぎが不十分で、頭皮に残された
場合、頭皮が荒れる原因となります。
特に市販のシャンプーやコンディショナーは、界面活性剤を含んだ商品がほとんど
のため、すすぎ残しがあると地肌に刺激を与えてしまいます。

 

 

抜け毛の原因は自分で排除できるものが殆どですが、原因の排除に努力する
あまりに、必要のないストレスを溜めこむことは避けましょう。
また、気になったら早めのケアを心がければ、早く効果が表れます。

 

 

紫外線

 

季節の変わり目には抜け毛が植える傾向にあります。
これは、夏の強烈な紫外線によって、頭皮がダメージを負い、また、毛髪そのもの
も、キューティクルが剥げて痩せてしまうからです。

 

季節によって異なりますが、1日に50〜100本の抜け毛がある中、秋は多い方だと
言えます。

 

その中で、短くて細い、新しい毛が多くなっていると、確実な対策が必要です。

名称による区別

「発毛剤」・「育毛剤」・「養毛剤」など、薄毛ケアアイテムにはいくつもの呼び名があります
が、それを明確に区別して商品を選んでいる方はいらっしゃいますか?
私の想像では

 

 ・毛が無いところに毛を生やすのが「発毛剤」
 ・生えた産毛を育てるのが「育毛剤」
 ・成長した毛を長く維持するのが「養毛剤」

 

というものでしたが、実際は

 

 

 1.薬事法によって区別されていません。

 

 2.発毛剤 毛母細胞に働いて、脱毛した後に新しく発毛させることを目的としています。
       毛母細胞の活性化や細胞分裂が期待できる成分が配合されており、薬事法で
       医薬品に指定されたものが多く、医師から処方される医療用医薬品と、薬剤
       師がいる薬局等で購入できる第1類・第2類・第3類医薬品があります。

 

 3.育毛剤 毛髪の成長を促す成分が主体になった製品です。
       今ある毛髪の成長を促し、脱毛を予防する効果を主目的にしています。
       育毛剤には、医薬品や医薬部外品に指定された商品が多く、有効成分が配合
       されていることから、養毛剤よりも高い効果が期待できます。

 

       育毛剤の効果とは

 

        ・頭皮の毛母細胞や毛根細胞の新陳代謝を活性化する。
        ・頭皮の血行を良くして毛乳頭への栄養補給を増やす。
        ・頭皮での雑菌の繁殖や炎症を抑え、抜け毛を予防する。
        ・湿成分によって頭皮の乾燥を防ぐ。

 

 4.養毛剤 脱毛を抑えて、毛髪を保護することを目的としています。
       栄養成分や保湿成分、皮脂・フケを抑える成分などが主に配合され、効果が
       おだやかな「化粧品」に分類される商品が多く、最も手軽に利用できるタイプ
       です。
       今ある髪の毛の脱毛を防ぎ、髪を健康に保つ働きが期待できます。

 

予想は微妙な感じで当たっているのか外れていたのか分かりませんが、最も効果がある
医療用医薬品は処方箋が無ければ入手はできない様ですし、第1類医薬品も、ドラッグストア
などで薬剤師が対面販売しなければなりません。

 

「養毛剤」はそこに「維持するべき毛髪がある事」が前提の様です。

ヘアケア製品の効果的な使い方

ヘアケア製品は、自分の状況の変化に合わせて使い分けると効果的です。

 

   発 毛 剤
     矢印
   育 毛 剤
     矢印
   養 毛 剤

 

と切り替えるのがおすすめです。

 

 

●商品の選び方

 

各商品は、どのように選べば良いのでしょうか?
商品の選び方を間違えると、逆効果になることもあるので注意が必要です。
例えば薄毛の女性の方が男性用の育毛剤や養毛剤を使うと、刺激が強過ぎて頭皮を痛め、
却って脱毛を促す可能性があります。
商品の特性から見てみましょう。

 

 1.発毛剤 即効性を期待したいなら、医師の診断を受けて医療用医薬品を使用するか、
       薬局などで薬剤師と対面の上、第1類医薬品を使用しましょう。
       第2類や第3類医薬品では、かなりの根気と費用が必要です。

 

 2.育毛剤 ここが効果を期待できる商品の中ではポイントになります。
       なぜなら、薄毛に悩む皆さん一人一人の「オリジナル商品」があるからです。
       最大公約数の商品を長い期間使うより、貴方にピッタリの商品を使った方が
       短期間で効果が出る上に、経済的でもあります。

 

 3.養毛剤 養毛剤には4つのタイプがあります。
       自分の脱毛している原因を知って、適した養毛剤を選ぶ必要があります。
       貴方はどのタイプですか?

 

       ・血行促進タイプ  :毛細血管を拡張させ、血流を増加させます。
       ・ホルモン抑制タイプ:テストステロンの作用を抑制して脱毛を防ぎます。
       ・細胞活性化タイプ :毛母細胞を活性化させて、脱毛を防ぎます。
       ・脂肪分泌抑制タイプ:皮脂の分泌過多による毛穴のつまりを防ぎます。

 

どの商品にも医療用医薬品のほか、医薬品や医薬部外品がありますので、購入する際には
良く選ぶ必要があります。

 

 

Persona(ペルソナ)

リンク集