黒ずみ 病気

身体の黒ずみって病気だった

「摩擦黒皮症」という言葉を聞いたことがありますか?

 

これ、皮膚同士や衣服との摩擦が原因で起こる、メラニン色素の沈着のことです。

 

黒ずみワキ

 

簡単に言えば、脇やひざ下、肘、くるぶしなどの黒ずみのことですね?まるで病気の様な名前です。

 

この摩擦黒皮症は、体のあらゆる場所で発生する可能性がありますが、特に脇やひざ、デリケート
ゾーンなどの関節部分は、他の部分に比べて皮膚が圧倒的に薄いにもかかわらず、絶えず摩擦に
よる刺激を受けているため、黒ずみやすい部分です。

 

他にも下着の締め付け、食い込みによって黒ずむこともありますので、適切なサイズの下着を選ぶ
ことは大切なことです。
また、入浴の際にナイロンタオルで体をゴシゴシ洗い過ぎるのも黒ずみの原因です。

 

黒ずみ箇所

 

しかし、この沈着してしまった黒ずみの原因であるメラニン色素は、体外に排出することができるのです。
これが、「摩擦黒皮症」への手当てになります。

 

 

プラセンタで美白

 

プラセンタは、メラニンの生産に寄与する酸化酵素「チロシナーゼ」の働きを抑制する作用があり、
さらに抗炎症、抗酸化作用があるため、メラニン色素の生成を抑えることができます。
また、新陳代謝を活発にし、メラニンの排出を促します。
黒ずみを美白しながら、黒ずみを作らない作用を持っています。

 

 

セラミドで美白

 

セラミドは、大切な肌の最強の保湿成分です。
セラミドそのものに美白効果はありませんが、他の美白成分が存分に働く環境として、潤がある健康な
肌を保つために必要な成分です。

 

 

グリチルリシン酸2Kで美白

 

グリチルリシン酸2Kも、セラミドと同じく、それそのもに美白効果があるわけではありません。
抗炎症作用と抗アレルギー作用を持っています。
ターンオーバーを正常に促すために、炎症や敏感肌になることを防いでいるため、美白効果のある成分
と一緒に使うことで、相乗効果を発揮します。

 

 

ヒアルロン酸で美白

 

自分の6000倍もの水分を保持し、肌のハリと弾力を保つコラーゲンの働きには欠かせないのが
ヒアルロン酸です。
肌のハリと潤いを保たれることで、ターンオーバーのサイクルが整い、メラニンを正常にj排出する
機能も正常に働きます。

 

 

ビタミンEで美白

 

若返りのビタミンとも言われるビタミンEは、老化を促進する活性酸素を除去しながら血行を
促進するため、新陳代謝を高めて、ターンオーバーを促します。
また、抗酸化作用によって、皮脂の酸化を抑制し、肌のバリア機能を正常にします。

 

 

コラーゲンで美白

 

人間の体を形成する、20%のたんぱく質のうち、30%を占めるのがコラーゲンです。
皮膚をはじめ、血管や臓器など、体のあらゆる部分を構成している物質で、1000個もの
アミノ酸がつながった鎖が3本、らせん状に巻いている構造をしています。

 

劣化したコラーゲンを補うことによって、肌のターンオーバーを正常化し、メラニンを効果的
に排出させます。

 

 

成分

 

 

 

美白成分と、その働きをサポートする成分によって黒ずみを消し、更に保護成分によって摩擦による
刺激を抑制すれば、もう摩擦黒皮症も完治して、心配の必要がありません。

 

ピューレパールは保護と美白のほかに、制汗と防臭の効果も備えた、黒ずみケアクリームです。

 

この摩擦の刺激による黒ずみは、日焼けと違って健康的な
小麦色に見えず、変にどす黒いので、本当に病的な色です。

 

黒ずみバイバイ

 

 

 

 

この黒ずみを美白するのはコレ!

 

 

 

 

 

 

トップページへ

リンク集