ZIGEN オールインワン メンズコスメ

ZIGENでスキンケア習慣

ZIGENは確かなオールインワンメンズコスメ

 

フェイスジェル

 

今日までスキンケアを気にしなかった男性の皆さんへ

 

鏡に映る自分では気が付かなかったこと
たまには顔をアップで自撮りしてみませんか?こんなことを発見!

 

顔アップ

 

●冬は顔が突っ張る感じがする ⇒ 肌の柔軟性を感じる
●髭剃り後がカサカサする、ひび割れている ⇒ シットリしている
●顔が粉を噴いて痒い ⇒ 粉も痒みもない
●シワやシミが目立つ ⇒ シワやシミが薄くなる
●肌のハリや艶がが無い ⇒ 肌プルプルで艶がでる。
●毛穴の汚れや開きが目立つ ⇒ 毛穴がきれいになり、閉じる

 

ZIGENで潤いを与えて、保持することで
この悩みはなくなります!

 

 

男性の顔は、今まで長い間「メイクアップ」をしなかったと同時に「スキンケア」もしてきませんでした。
なので、冬に肌がカサカサになっても、シワが目立ってきても、どうしたら良いのか分からないのが
正直に今までの事実です。
しかし、この現状を考えると、それでは済まなくなりました。

 

contents

 

1.ZIGENでスキンケアした結果結果
 1.1 3日間でこんなに違う 1.2 2週間で左右が入れ替わる

 

2.ZIGENでスキンケア習慣
 2.1 スキンケアとは? 2.2 スキンケアが必要な肌 2.3 必要な時代 2.4 増えてきたメンズコスメ

 

3.入口は正しい洗顔
 3.1 正しい洗顔とは 3.2 洗顔料の選び方 3.3 おすすめの洗顔料 3.4 レビュー

 

4.オールインワンで保湿
 4.1 ZIGENオールインワンフェイスジェルの特徴 4.2 使ってみました

 

5.ZIGENの口コミ

 

6.オールインワンメンズコスメランキング

 

7.ZIGENはどこで買う?

 

8.皮膚の作用

 

9.オールインワンのメリット
 9.1 スキンケア用コスメの役割 9.2 オールインワンコスメのメリット

 

10.コスメに金属

 

11.日焼け止め

 

 

 

ZIGENでスキンケアしてみた結果

 

 

3日間でこんなに違う!

 

3日間、ZIGENの洗顔料とオールインワンフェイスジェルを使いました。
自分の顔は鏡でしか見えないので、直接効果を確認したくて、
手に残った洗顔料とジェルを左手の甲にだけ使ってみました。

 

結果はこんな感じです!
手の甲も、手首付近も、キメが細かく、シワが少なくなっています。
たった3日でこれだけの差が出ました!
やはり、セラミドやコラーゲンといった美容成分のおかげでしょうか?
あと1ヶ月ほど、左手だけに試してみることにしましょう。

 

使用前後

 

 

2週間で左右が入れ替わる

 

左手だけにZIGENオールインワンフェイスジェルを塗っていたら、
きめの細かさに差が出たことは上の写真の通りです。

 

そこで、この後から左手に塗るのを止めて、右手の甲だけに
塗ってみました。

 

左手には今までの効果が残っているのが、なかなか大きな違い
が出なかったのですが、2週間を過ぎたところで左右の肌が
入れ替わった感じがします。

 

手の甲

 

親指付近

 

手の甲の違いは一目瞭然!親指と人差し指の間も、左手には
縦のシワが目立ち、右手からは縦のシワが消えています。

 

これが、ZIGENオールインワンフェイスジェルのパワーです。
正直、自分でも驚きました。

 

ZIGENオールインワンフェイスジェルで、保湿とバリア機能に優れた
健康な肌を取り戻しましょう。

 

フェイスジェル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ZIGENでスキンケア

 

スキンケアとは?

 

スキン(skin)のケア(care)ですから、そのまま訳せば「肌の手入れ」ということにます。
化粧水や乳液などのコスメや、ローラーなどの器具を用いて、肌の潤いを保つ「保湿」
をメインに、栄養分を与えたり、美白したり、また紫外線などの有害な刺激物から
体を守ったり、コラーゲンやセラミドなどを食物として体内へ摂取することも含まれます。

 

「保湿」をメインにする理由は、肌のバリア機能やハリを維持し、キメを細かく整えて、
ニキビや吹き出物などのトラブルを防ぐためには「潤い」が基本条件となるからで、逆に言えば、
全ての肌トラブルの原因が「乾燥肌」にあると言っても過言ではありません。

 

また、日常的に正しいスキンケアを行うことは、若さを保つ「エイジングケア」にも直結
しています。

 

 

スキンケアが必要な肌

 

実は、男性の肌は女性と比べて「水分が少なく脂分が多い」ということが分かっています。
理想とされる肌の状態は、水分量が40〜50%で、30%以下の状態が乾燥肌です。

 

また、水分と脂分の割合は4:1が理想とされています。
しかし、多くの男性の肌は、水分量は女性の半分、脂分は3倍というのが実情です。
これは「乾燥しやすく、脂が多い」という意味であり、男性の肌にこそスキンケアをして、
健康な肌に近づけるためのスキンケアが必要だということです。

 

 

普通肌

 

水分量が40〜50%、水分と脂分の割合は4:1に近い、理想の肌です。
赤ちゃんのプルプル、スベスベの肌を思い出してください。
大人はこの「普通肌」を保つことは難しいため、スキンケアで維持しましょう。

 

 

乾燥肌

 

水分が不足して乾燥した状態の肌です。
肌表面の角質が収縮し、隙間が多くなっている事から、バリア機能が著しく低下しつつ、
さらに水分が蒸発しやすい状態です。
見た目にもカサカサで粉を噴き、周囲の人から良い印象は受けません。
放置すれば、脂性肌へ進展します。

 

 

脂性肌

 

過剰な洗顔によって失われた皮脂を補うために、過剰に皮脂を分泌する状態となった肌です。
肌が脂っぽく、強いテカりが見られるほか、ひどい場合には、脂っぽい臭いがします。
手当てを開始してから、皮脂量が元に戻るまでには、約3ヶ月の時間を要するため、早めの
ケアをしてください。

 

 

混合肌

 

狭い範囲に乾燥肌と脂性肌が同居してしまった状態の肌です。
例えば、Tゾーンはベタつき、Uゾーンはカサカサと言えば分りやすいでしょう。
理想の肌とされる「普通肌」の対極にあり、ケアが難しい肌です。

 

 

顔肌分析

 

 

必要な時代

 

一方、昔から比べると周囲の環境にも大きな変化が起きています。
広葉樹を伐採し、スギやヒノキを過剰に植林したことによる花粉症、暖房の普及によって
1年中死滅しなくなったダニ、オゾンホールの拡大によって強力になった紫外線など、身を守ら
なければならない肌トラブルの原因となる刺激は、大幅に増えているのが現状です。

 

きちんと保湿されて、潤いがある健康な肌は、バリア機能が正常に働いている状態です。
体の中で最大の臓器である肌は、唯一、常に外界と接触している臓器です。
バリア機能を健全に保つためのスキンケアは、アレルギーなどから体を守る事の第一歩です。

 

アレルゲン

 

 

増えてきたメンズコスメ

 

昔から「メンズコスメ」は皆さんの間で使われてきました。
しかし、それはコロンやトワレなどのフレグランス系や、ジェルやムースなどのヘアケア・ヘアメイク系
がほとんどで、メイクはもちろん、スキンケアを目的とする商品は見られませんでした。

 

ところが10年ほど前から、老舗コスメメーカーから、スキンケアを目的としたメンズコスメが専用
ブランドで販売され始め、同時に新しいメーカーも立ち上がっています。
これは、メンズコスメの必要性が理解されてきたことを示すものです。

 

そこで、今までスキンケアに無頓着だった男性がスキンケアを1から勉強し、理解しても、
習慣化されていない分「面倒くさい」と感じる人が多いのはやむを得ないところです。。
化粧水や乳液、クリームなどの区別もついていませんね?
でも、毎日の洗顔から当たり前に入れて簡単に終わるスキンケアならいかがですか?

 

 

 

ZIGEN商品

 

 

入り口は正しい洗顔から

大切な洗顔

 

毎朝、起きた後に必ず行うのが「洗顔」です。
正しい洗顔を無理なくできれば、その後も難しいことは無く、毎日のスキンケアが苦に
なりません。
では、その入り口である洗顔からご案内いたしましょう。

 

正しい洗顔とは

 

 朝、起きたばかりの顔には、色々な付着物があります。
 皮脂、肌の老廃物、ふとんの繊維やダニの死骸、糞などのハウスダスト・・・
 それらを自分に合った洗顔料を十分泡立てて、優しく洗って、効果を感じる
 洗顔をしましょう。

 

 

ゴシゴシこすらない

 

  洗顔料の泡を顔に塗って、指でゴシゴシ洗ってはいけません。
  タップリの泡で、指が触れるか触れないかくらいの力でゆっくり優しく
  洗いましょう。
  肌をできるだけ刺激しないことが大切です。

 

 

必要な皮脂を残して洗う

 

  石油系界面活性剤を含んだ、洗浄力が強い洗顔料で洗うと、本来
  必要な皮脂までを洗い落とし、保湿したりバリア機能を発揮するもの
  が無くなって、乾燥肌へのスタートを切ったことになります。
  「キュッキュッ」と感じるのでは、洗い過ぎです。

 

 

ぬるま湯で洗う

 

  洗顔にはひと肌程度のぬるま湯を使いましょう。
  冷たい水は、汚れを抱え込んだまま毛穴を締めてしまい、汚れが落ちにくく
  なり、お湯では火傷の恐れもありますが、洗顔後に水分の蒸発を早めて、
  乾燥肌の原因となります。

 

 

洗顔料の選び方

 

洗顔料には、いくつかの種類があります。
それぞれの特徴を理解して、自分に合ったものを選びましょう。

 

 

フォームタイプ

 

フォーム

 

 最も多く販売されているタイプ
 多くはチューブに入っており、歯磨き粉程度の粘土がある。
 有名コスメメーカーから、大手量販店のプライベートブランドまで、幅広い
 価格帯で商品展開されている。

 

 

 

 

 

 

ジェルタイプ

 

ジェル

 

 フォームタイプに比べて水分が多く、軟らかい。
 泡も立ち易く、洗浄力が強いものが多いため、脂性肌の人に向いているが、
 その分、洗顔後の保湿を確実に行う必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

泡タイプ

 

泡

 

 チューブから絞り出すのではなく、最初から泡として出るタイプです。
 肌への刺激が弱いものが多いため、敏感肌の方におすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

石鹸タイプ

 

石鹸

 

 有効な美容成分や、天然由来成分を多く含む洗顔料で、
 種類が豊富なため、自分の好みの商品を見つけやすい
 カテゴリーです。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの洗顔料

 

ここでおすすめしたい洗顔料が、話題の「ZIGEN」です。
ZIGENのフェイスウォッシュは・・・

 

ZIGEN洗顔
ZIGEN洗顔拡大

 

 ・コンニャクを原料としたマンナンスクラブを配合!
  プラスチックスクラブではないので、肌を傷つけません。

 

 ・セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸の3大美容成分を配合!

 

 ・アミノ酸がベースの低刺激商品!

 

洗顔料原料

 

 

レビューします

 

洗顔料出口

 

キャップを開けると、市販の洗顔料より細めの出口です。
クリームに比べて軟らかいので、これくらいが使いやすい。
また、使用量の調整もしやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほいっぷるん円盤

 

今回はダイソーの「ほいっぷるん」で泡立ててみる。
ZIGENのフェイスウォッシュは、白いクリーム状ではなく、
柔らかい半透明のジェル状。
使用量はこれくらい。

 

 

 

 

 

 

 

泡立ち2

 

手で泡立てるより、きめ細かい泡が素早くできた。
やはり少し水が多かった様で、今回を元に次回から調整しよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泡立ち手

 

この泡を顔に塗って、優しく洗顔。
柔らか目の泡でも、簡単には消えないが、すすぎの時の泡切れは良い。
匂いが無いのも好感度。
洗顔終了後もツッパリ感が無く、しっとりモッチリ。
肌がキュッキュッといわないので、皮脂が残っている。

 

 

 

 

 

 

この後は素早く保湿です。

 

フェイスジェル

オールインワンで保湿

洗顔の後の保湿

 

洗顔の後の大切な作業が「保湿」です。
全ての肌トラブルの原因は乾燥にありと言われるくらい、乾燥肌を防ぐ保湿は、
スキンケアの全てと言っても良いでしょう。
しかし、今まで多くの男性は「洗顔」で終わっていました。

 

スキンケアの多くは、洗顔→加湿→保湿の順番で行い、それぞれ
洗顔料→化粧水→乳液の順番で使いますが、男性には化粧水と乳液の違い
なんかも分かりませんし、面倒くさいのが嫌なんです。
しかも最後までやっても、乳液がべた付くのが嫌だとか・・・

 

だったら、化粧水と乳液の役目を1つにしたオールインワンで保湿ができれば、
これは手軽に素早いスキンケアができます。
そこで、ZIGENの洗顔料で洗った顔には、ZIGEN オールインワンフェイスジェルがピッタリです。

 

ZIGENフェイスジェル
ZIGENフェイスジェル拡大

 

ZIGEN オールインワンフェイスジェルの特徴

 

 ●セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタエキス
  の4大美容成分を配合しています。

 

 ●必須アミノ酸7種類を含む、15種類のアミノ酸を配合して
  います。

 

 ●酸化しにくい金、プラチナを配合しています。

 

 ●香料、アルコール、パラベンなどの添加物を含みません。

 

 ●化粧水、美容液、乳液、クリームの4役がこれ1つです。

 

 

 

原材料はこれ

 

ZIGEN オールインワンフェイスジェルには、次のような原材料が使用されています。

 

 

セラミド

 

  人の角質に含まれる保湿成分で、皮膚から吸収されやすいため、
  外から補給するのに最も有効とされています。
  中でも、人が持っているセラミドと分子構造が近い「ヒト型セラミド」
  3種類を配合しました。
  コスメでは、高額商品に配合されている保湿成分がセラミドです。

 

 

ヒアルロン酸

 

  肌の深部にある保湿成分で、コラーゲンが弾力を弾力を保つ
  ための水分保持に貢献しています。
  自分の6000倍もの水分を保有することができ、1gのヒアルロン酸
  は、6kg(6リットル)もの水を保持します。

 

 

コラーゲン

 

  肌のプルプルした弾力を保つ、肌の主成分です。
  水分が無ければ、急激に弾力を失います。
  加齢とともに体内から減少するため、食物やコスメで外部からの
  補給が必要です。

 

 

プラセンタエキス

 

  胎盤のエキスのことで、コスメには豚プラセンタや馬プラセンタ
  が多く用いられます。
  活性酸素除去、組織修復、抗アレルギー、抗炎症などの作用
  が期待できます。

 

 

アミノ酸

 

  コラーゲンを作る原料となります。
  そのうち9種類の必須アミノ酸は、体内で作り出すことができない
  ため、食物などで外から摂る必要があります。
  ZIGEN オールインワンフェイスジェルに含まれるアミノ酸は

 

  ●必須アミノ酸

 

   フェニルアラニン、リシン、バリン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、ヒスチジン/7種類

 

  ●非必須アミノ酸

 

   アルギニン、グルタミン酸、プロリン、グリシン、グアニル酸2Na、アラニン、アスパラギン酸Na
   イノシンサンNa/8種類

 

  の合計15種類を配合しています。

 

アミノ酸

 

 

金、プラチナ

 

  どちらも酸化しにくい(錆びにくい)金属です。
  この微粒子を肌に塗ることによって、活性酸素の攻撃から肌を守り、
  細胞の酸化を抑制します。
  また、金属イオンには殺菌力があるため、肌の常在菌の中の悪玉
  菌を増やすことなく、適度なバランスを保ちます。

 

  金とプラチナは、どちらも殺菌力が強い金属です。
  ZIGEN オールインワンフェイスジェルは、これらが配合されている、
  貴重なメンズコスメです。

 

ZIGENジェル原料

 

 

不含材料

 

ZIGENオールインワンフェイスジェルは、こんな成分を含んでいないので安心です。

 

 ・香料      配合される香料によっては、肌への刺激物となります。
 ・アルコール   爽快感はありますが、強い揮発性と刺激性があります。
 ・オイル     べた付き感を残します。
 ・パラベン    防腐剤です。

 

 

使ってみました

 

ジェル出口

 

キャップを開けると、市販のジェルやクリームより細めの出口です。
やはり、フェイスウォッシュジェルと同様、含水量が多いのか?
柔らかめなので、使用量の調整がしやすい様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェル全体

 

こちらも洗顔料と同じく、クリームではなく半透明のジェル。
出口もやや細め、軟らかいので使用に影響なし。

 

手のひらで少し温めてから、顔全体に塗り込み軽く抑え込む。
クリームとは違ってサラサラのテクスチャーで、良く延びるので、
10円玉くらいの大きさでは少し多かったかなという感じ

 

 

 

 

 

ジェル塗布直後

 

実際に付けたところは、顔ではなく、手の甲で紹介。
付けた直後は、やはり多少のベタつきとテカりは避けられない。
匂いはわずかにフルーツのような香りがあるが、すぐに無臭になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェル塗布時間経過

 

時間が経つとベタつきがなくなり、15分ほどで何も付けていない
かのようにモッチリ感のあるサラサラの手触りになった。
同時にテカりもなくなり、スベスベ感が残り、オールインワンに
ありがちな「パリパリ感」はなく、爽快。

 

手全体に塗り広げたものが乾いた後に手を洗っても、他の保湿
クリームや、軟膏を塗った後の様なヌルヌルを感ない。

ZIGENの口コミ

高評価の口コミ

 

ZIGENユーザーさんから、たくさんの口コミが届いています。
ご紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

●40代 男性 乾燥肌 5スター

 

以前、ネットワークビジネスをお付き合いで2年間やりました。
商品は良いのですが、ネットワークビジネスという仕組みと、人間関係が嫌で、
2年間で義理は果たしたと思います。

 

その会社の商品の中に、金を配合したオールインワンジェルがあり、抗酸化作用
については納得していたので、もう一度使いたいと思っていましたが、会員以外が
購入すると価格が極端に高いので、あきらめていました。

 

お手頃価格で金や栄養成分を配合したZIGENのジェルに出会えてよかったです。
ベタ付かず、無臭なのでコスメとしては男性好みだと思います。
早速肌のキメが細かくなって、ハリが戻っています。

 

 

●20代 男性 混合肌 5スター

 

最初からオールインワンを探していて、色々なサイトで評価が高かったので購入しました。
ジェルを使った直後はベタベタ感があったのですが、15分ほどで馴染んでベタツキは
気にならなくなりました。
モチモチしながらサラサラの肌に、メンズスキンケアはZIGENのジェル、リピ決定です。

 

 

●40代 男性 脂性肌 4スター

 

おでこのシワがすごく目立つのでZIGENを購入しました。
朝、晩これ1本でハリと潤いを感じます。
大きなおでこのシワはまだですが、目じりの小じわは薄くなった気がします。
価格が少し高めなので、もう少し安くするか、増量してくれればと思います。

 

 

●30代 男性 普通肌 4スター

 

冬のカサカサ肌が潤いますが、ベタつかないし、これ1つで済むので、朝の
忙しい時にも助かっています。
夏の暑い日にどれくらいベタツキが抑えられるか?試してみます。

 

 

●40代 男性 混合肌 4スター

 

朝、洗顔の後使用して夜の帰宅時まで、乾燥を心配しなくて良くなりました。
ZIGENのジェルは、オールインワンのコスメにしては効果が長いと思います。
朝の洗顔後は、夕方までしっとり感があります。
ほっぺたの他、顔を洗ったり、ジェルを塗るときに使う手のひらまで、手触りが
違ってきました。
価格については、セラミドを含んでいるため、ある程度仕方ないと思いますが、
割高感はあります。

 

 

●30代 男性 混合肌 5スター

 

今までオールインワン商品は信用していなかったのですが、2週間ほどの
出張があり、今使用している中から小分けして持って行くのも中途半端
になり、短期間ということもあってZIGENを購入しました。

 

洗顔とジェルだけなので、荷物にもならず良かったです。

 

結果は予想を裏切りました。
洗顔料は、洗い過ぎない洗顔で泡切れが良く、無臭なのでその後の
コロンなどを邪魔しません。
ジェルは短時間で馴染み、ベタつく時間も短く、効果は夕方まで続きます。

 

今まで他メーカーの単品コスメを使っていましたが、ZIGENに変えてもいいかな?
と思っています。

 

 

●50代 男性 乾燥肌 5スター

 

秋から冬にかけて、髭剃り後の乾燥が激しく、カサカサパリパリになっていました。
また、カミソリで髭を剃った直後のヒリヒリ感が強かったのですが、ZIGENを使い始めてからは
ヒリヒリ感も抑えられ、しっとりスベスベするようになりました。

 

オールインワンなので、時間がかからず楽な上に、すぐに肌に馴染んで乾きますので、べた付きも
なく、大変便利です。

 

ZIGENジェルセット

ZIGENはどこで買う?

最もお得にZIGENを買う

 

ZIGENの洗顔料とオールインワンフェイスジェルは、どこで買うのがお得なのでしょうか?
残念ながら現在のところドラッグストアやホームセンター、コンビニなどの実店舗で購入
することはできません。
ZIGENのメンズコスメは、全てインターネット通販での購入ということになります。

 

ネット通販と言えば、真っ先にamazonや楽天などの大手モールを探していませんか?
しかし、楽天ではZIGENの取り扱いはありません。
一方のamazonでは、公式サイトではないショップからこんな価格で販売されています。

 

amazon

 

唯一、安心して購入できるのがZIGEN公式サイトです。
しかも、まとめて購入すればお得な価格になる上に、送料も無料になったりするので、
これはおすすめ!
「定期購入で最初だけ安い」や、「○回以上の購入が値引き条件」などの分かりにくい
縛りもないので、安心です。

 

オールインワン単品
ZIGENセット
ZIGENジェルセット

 

正式には公式サイトのみで販売されているZIGENですが、あまりの人気のため
在庫が不足し、予約販売になったことがあります。
今、使用中の方は、無くなる前に注文し、初めての方は早めの注文をお願い
します。

 

 

オールインワンでのメンズスキンケアは「ZIGEN」

 

ZIGENジェルセット

 

 

リンク集