ZIGEN 日焼け止め

ZIGENで紫外線から肌を守る

ZIGENの日焼け止め

 

スキンケアのZIGENがUVケアにも進出しました。
日常使いの日焼け止めは、ZIGEN UVクリームジェル です。

 

日焼け止め

 

ZIGEN UVクリームジェル

 

 

UVクリームジェルの性能

 

ZIGEN UVクリームジェルの性能を表す数字は・・・

 

●SPF21

 

●PA++

 

                          です。

 

 

数字の意味

 

SPFとPAの2つが表示されている日焼け止めの数値ですが、このSPFとPAのことを「サンケア指数」と言い、
その日焼け止めの性能を示すものです。

 

 

SPF

 

Sun Protection Factor の略で、日本語に訳すと
Sun(太陽)からのProtection Factor(保護係数)という意味になります。
現在は10〜50+までが広く市販されてます。

 

これは、肌に火傷の炎症を起こし、過剰なメラニン色素を生成して沈着させる、紫外線B波への防止効果
を表す目安となります。
例えば、SPF30の日焼け止めは、それを使用する人の日焼けにかかる時間を、30倍に延ばすことができる
性能を持っているという意味で、無防備な時の日焼け時間が10分の人は、10×30で300分(5時間)ですが、
20分の人は20×30で600分(10時間)となります。

 

しかしこれは、肌1cm2あたり2mg塗った時の数字になるので、それだけ塗って初めて
数字通りの性能を発揮します。

 

日焼けにかかる時間とは、紫外線を浴び始めてから、肌が赤くなるまでに要する時間です。

 

 

 

PA

 

Protection Grade of UVA 略で、日本語に訳すと、UVA(紫外線A波)の
Protection Grade(保護等級)という意味になります。

 

これは、皮膚の深層まで到達して、内部で活性酸素を作り出し、老化を招く原因となる紫外線A波への
防止効果を、数字ではなく、PAの後に続く+の数で表すもので、+〜++++まであり、+が多いほど高性能
ということになります。

 

何も塗っていない状態で、UV-Aによる日焼けに要する時間を1とした場合、

 

2〜4倍の効果があるもの      PA+
4〜8倍の効果があるもの      PA++
8〜16倍の効果があるもの      PA+++
16倍以上の効果があるもの      PA++++

 

となりますので、日焼け時間10分の人が、PA++の日焼け止めを塗った時に、
日焼けを食い止める時間は、40分〜80分になります。

 

PAがはっきりした数字ではなく、+の記号で表され、かつ時間に幅がある理由は、紫外線A波は、肌への
影響がはっきりと表れるものではなく、測定が難しいためです。

 

 

なぜ「日常使い」なのか?

 

ここまでの内容で、日焼け止めについてはSPFの数字が大きく、PAの後の+が多いほど高性能であると
言えます。
ならば、なぜZIGENのUVクリームジェルはSPF21、PA++なのでしょうか?

 

SPF50や50+の日焼け止めには、紫外線吸着剤や、紫外線散乱剤が含まれており、肌へ強い刺激を
与えて、肌荒れや乾燥肌の原因となります。

 

夏は暑いからと言って、1日中エアコンが効いた室内にこもる訳にはいきません。
お仕事で外出したり、近くのスーパーマーケットに買い物に行ったりと、1日の
生活の中で、必ず屋外へ出る時間があります。
また、UV-Bは、窓ガラスや雲を透過しやすい性質がありますので、曇りの
日でも、屋内にいても影響を受けることになります。

 

日焼け止め特徴

 

以上から、日常生活の中でのチョッとしたお出かけにも、日焼け止めが必要
であることが分かりますが、近所のスーパーに行くのに、わざわざ刺激が強い
SPF50・PA++++の日焼け止めを使う必要はありません。
このクラスは、海や山、プールへ出かけるときに使用しましょう。

 

日焼け止めSP

 

日常の生活範囲であれば、SPF20・PA++あれば十分です。
日焼け時間が比較的短い10分の方でも、10×20で200分(3時間20分)
もその性能を発揮します。

 

ZIGENの日焼け止め「UVクリームジェル」は、SPF21・PA++
肌への刺激物となる物質を含まず、日常用の日焼け止めとしては最適
な性能です。

 

また、ベタつかずサラサラしたテクスチャーと、石鹸で簡単に洗い落とせる
手軽さも、日常使いとしては重要な要素です。

 

長時間の車の運転などの場合は、SPF50の日焼け止めを使用せず、
ZIGEN UVクリームジェルを2〜3時間おきに塗りなおすことをおすすめします。

 

テクスチャー

 

 

 

 

 

 

ZIGEN UVクリームジェル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ

リンク集