ニキビ跡 消す

是非とも治したい!ニキビ跡の正体

ニキビ跡とは

 

ニキビの炎症が治まった後も残るお肌の障害です。
その残り方は様々で、どれも非常に治りにくいものです。
では、その正体は?

 

 

赤みを帯びたニキビ跡

 

ニキビは治ったのに、赤みが残ります。
一見すると、まだ治っていないように見えますが、痛み等はありません。
ニキビによって損傷した肌を治すために、集中的に毛細血管が増えた
場所です。

 

 

色素沈着したニキビ跡

 

茶色っぽい色や、赤紫っぽい色に色素が沈着したニキビ跡です。
メラニン色素によるシミと良く似ていますが、実はその通りで、
ダメージから守るために増えたメラニン色素が、重度の炎症によって
真皮層まで落ちてしまったものです。

 

 

膨らんだり、しこりになったニキビ跡

 

重度に化膿したニキビが同じ場所で繰り返しできると、真皮層まで
及んだダメージが肌の再生機能を乱して、コラーゲン繊維を生成して
硬化し、しこりや膨らみになります。

 

 

ケロイド状のニキビ跡

 

火傷やけがと同様、皮膚の再生時にケロイド状となったニキビ跡です。
肌の深部まで達したダメージで、肌の再生機能が混乱し、過剰に細胞を
生成することで生じます。

 

 

クレーター状のニキビ跡

 

肌に孔が空いた様に凸凹になった状態のニキビ跡で、根治が一番難しい
状態です。
アクネ菌が肌の組織を破壊しながら増殖する際、それ以上破壊範囲を
広げないために白血球が予め自らの肌細胞を壊して食い止めたもので、
江戸時代の火消しによる「破壊消防」の跡です。

 

どれもこれも一刻も早く治したいですね?

 

そんな方はこちらからどうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

あのお笑い芸人にもすすめたい

ニキビ跡治療化粧水「ベルブラン」の公式ページです。

 

リンク集