ヒアルロン酸 コラーゲン

ヒアルロン酸とコラーゲンの助けあい

ヒアルロン酸とコラーゲンの相互扶助

 

多くの美容系サプリや、エイジングケア化粧品に、いつも一緒に配合されている「ヒアルロン酸」と「コラーゲン」は
「プラセンタ」と合わせて“3大美容成分”と言われていますが、なぜいつもペアなのでしょうか?

 

それは、2つの成分の役割と性質に関係がありました。
どちらか一つでは満足に働くことができなかったのです。

 

ヒアルロン酸

 

元々、人の体内にあるネバネバした物質で、特に保水力に優れ、自分の6,000倍もの容量の水分を
保持することができます。
例えば、1gのヒアルロン酸は6,000g(6リットル)もの水分を保持できます。

 

身体の60%が水分でできている人間にとって、非常に重要なものですが、ご想像の通り、加齢とともに
減少してしまいます。
赤ちゃんと比べると、40代でほぼ半分、60代だと1/4までに減少します。

 

ヒアルロン酸はエイジングケアには必須の成分と言えます。

 

 

コラーゲン

 

人の体を構成するタンパク質のうち、およそ30%を占めるのがコラーゲンです。

 

コラーゲンは、さらに28の型に分類され、真皮、靭帯、腱、骨などはT型コラーゲン、
関節の軟骨ではU型コラーゲンが主成分となっています。

 

お肌には「T型コラーゲン」関節痛には「U型コラーゲン」が有効なんですね?

 

「お肌プルプルの素」の印象が強いのですが、実はかなりの強度を持っていて、体の中の腱は
実はコラーゲン繊維が隙間なく配列しています。

 

水分が無くなると弾力を失ってしまうという特性があるため、機能を果たすためには水分が必要です。

 

 

ヒアルロン酸とコラーゲン

 

ここまで読むと、なぜ2つがいつもペアなのかお分かり頂けましたね?

 

水分を失うと弾力が無くなるコラーゲンに必要な水分をヒアルロン酸が蓄えていると言えます。
また、コラーゲンが不足すると、保水力があるヒアルロン酸を肌に留めておくことができないのです。

 

お互いに助け合って、皆さんの肌を維持していると言う事ですね?

 

この2つを、吸収効果を高めてドリンクに配合してしまいました!

 



 

 

 

 

トップページへ

リンク集

関連ページ

ヒアルロン酸の摂取方法
ヒアルロン酸は多くのコスメに配合され、保湿成分としての役割を重要視されています。コスメは肌に塗ることによって体内に経皮吸収されますが、他にも効果的な摂取方法があります。