足の臭い 原因 菌

これが足が臭い原因菌

足の臭いの原因となる菌は?

 

足の臭いの原因となる菌は、元々皆さんの足の皮膚に住みついている「常在菌」と言われる
雑菌で、表皮ブドウ球菌コネリバクテリウム属のバクテリアなどを指します。
この皮膚常在菌は、古い皮質や角質を栄養として弱酸性の脂肪酸を作り出し、それによって
外部からの悪玉細菌から皆さんの皮膚を守っています。

 

しかし、皆さんの味方の筈のこの皮膚常在菌も、何らかの理由で極端に数が増えると、皮脂
や角質を過剰に分解して、足の臭いの素となる物質を過剰に作り出すことになります。

 

では、なぜこのような状態になるのでしょうか?
足の皮膚常在菌は、高温多湿な環境を好みます。
靴の中は常に体温で温度が高く、また靴下の中は汗が蒸発しにくいため、蒸れている状態に
あります。

 

それは冬場でも通勤のバスや電車の中は暖房が効いているため、指の間がヌルヌルしている
のを感じることでもお分かり頂けることと思います。

 

靴を脱いだ時の嫌な臭いが、夏だけではなく、寒い季節にも気になるのはそのためです。

 

また、水虫の人の足も同様に大変臭いがきつく、「白癬菌」も臭いの原因菌の一つと言える
でしょう。

 

特に女性男場合はナイロン製のストッキングを穿くと、汗の吸収性が悪くなるため
より蒸れた状態になり、臭いが発生します。
一般的に男性の足より女性の足の方が臭いと言われています。

 

リンク集